スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6話「大空を斬る闘魂!!」 第二弾

「こっちは終った、あとを頼むぜ。デューク・フリード!!」 と叫ぶ甲児くん。

 

「オーケイ!!」 答えたデュークはグレンダイザーとスペイザーと分離させ空中に飛び出して、落ちて来る車

 

を両手にすくい、無事、地面に降ろす。

 

救出に成功したグレンダイザーは遠慮なく円盤獣と戦うのだが、それなりに手強い。

 

そこへTFOが登場し、ミサイルを発射して近づいていく。

 

「あまり近づくな!!危険だぞ!」 と叫ぶデュークを無視して接近するTFO。

 

すると円盤内部に隠されていた首が現れTFOに噛み付いた!

 

「デューク・フリード、首をやるなら今だ!!」

 

甲児くんに言われてダブル・ハーケンで首を切ると、円盤獣は急に弱くなり墜落。スペイザーのメルト・シャワ

 

ーで爆発してしまった。

 

グレンダイザーの横に並んでTFOから手をあげる甲児くん。

 

デュークも手を上げ、ウインクして応えた。

 

 

牧場で「あんたが甲児さんかな?」と呼ばれて甲児くんが振り返ると、そこには『男の中の男大明神』 と書い

 

たノボリを持った番太のかあちゃんが立っていた。

 

「息子が危ないところを助けて頂いて、あんたは神様みたいだよ~、キスしちゃうよあたしゃね~」

 

と、ノボリを番太に押し付けて逃げる甲児くんを追いかけ出す。

 

甲児くんはかあちゃんにつかまって、ほっぺにチューされ「僕はほんとに何にもしてないんですよー」

 

と叫ぶ・・・。

 

ダンプのようなおかあちゃんに抱き締められて悲鳴を上げる甲児くんを、団さん、吾郎くん、ひかるさん、

 

番太、大介さんたちは笑顔で囲んでいる。

 

にっこりと甲児くんを見ていた団さんは「自分の武勲をひけらかさない、英雄じゃな。それにひきかえ大介は

 

どこでサボっておったのじゃ!」 といまいましげな視線を大介さんに投げかける。

 

けれど、大介さんはみんなとともに笑顔だった。

 

 

・・・だって、本当に一番頑張ったのは甲児くんだったから・・・。

 

 

                                                                   

 

                                                                                その夜                                                               

                                                           

                                                                                                                                      

コメント

非公開コメント

プロフィール

家露伊江子

Author:家露伊江子
兜甲児様の引力から逃れられず
2008の夏コミあたりから活動を始め、
周囲を怪訝な顔にさせました。

誰も驚かなかったですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
Pika_Mouse
powered by
3ET
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。