スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5話「炎の愛を夕陽に染めて」

小説が割合快調に進んでいるので(マンガの方は・・・マンガって大変ですね(@_@;))

 

軽めですが更新します。

 

 

第5話です。

 

予告で甲児くんが自分のことを「俺様」と言ってるのに初めて気がつきました。甲児くんて、こんなに高ビーな

 

性格でしたか?もちろんそれも魅力的ですけど。

 

本編でも「フン!」とかいってツンツンしてすごく短気に描かれてる。だけど大介さんに対して敬語でしゃべっ

 

てて、絵はとっても可愛くて女の子みたいに細くて幼い感じで、15歳くらいにしか見えない。

 

 

あらすじはベガ星連合軍の基地にぴったりの土地を見つけたブラッキー隊長はさっそくガンダル司令に

 

ご報告。そこは小さな飛行場で、どうやら飛行機のコンテストが催されるらしい事まで調べてある。

 

飛行場を占拠し、ついでにコンテストに集まった人々を人質にしてしまえばデューク・フリードも手出しはでき

 

ず、一石二鳥という作戦だ。

 

ベガ星連合軍が出陣を決めたので、その夜月が赤く染まった。

 

それを見て、「地球に僕がいる為に、何の関係もない地球の人々に迷惑が掛かる」と、悩む大介さん。

 

「おまえがいなくなれば片付く問題ではないのだよ」と、ほとんど趣味かと思うほど苦しむ大介さんを、優しく

 

諭す宇門氏。

 

 

翌朝。パイロット・スーツ姿の甲児くんは、もちろん飛行コンテストに出場するのだ。

 

飛行場で、他の出場者の操るセスナに煽られてカンカンに怒っている。

 

すなわち、もう何が起こっても他人の言う事など聞く耳持たない状態になっている。

 

なので、研究所の観測室でそれとなく警戒にあたっていた大介さんが、無線やレーダーに障害が発生してい

 

る事実や、さらにはマザーバーンの襲来を確認し、心配してコンテストを放棄して帰ってくるように連絡しても

 

それを無視して離陸してしまった。

 

そして、甲児くんのセスナは飛来したミニフォーに撃ち落され、飛行場は占拠され、参加者やひかるさん、吾

 

郎くん、番太たち大勢の見物客は人質にされる。

 

卑怯なベガ星連合軍への怒りに打ち震え、命を捨てる覚悟で出撃する大介さん!

 

 

しかし、行ってはみたもののやはり甲児たちに銃を突きつけられてはブラッキーの言葉に従うしかなかった。

 

円盤獣の鎖に繋がれ、スカルムーンへと連行されてゆくグレンダイザー。

 

だが伊達に捕まっているわけではない、甲児くんはグレンダイザーに注目が集まるその隙を見てミニフォー

 

を奪って人質を解放し、さらに次々とミニフォー部隊を撃墜してゆく。

 

グレンダイザーははるか雲の上へ円盤獣によって牽引されていたが、一人奮闘する甲児くんを助けるため

 

行動を開始した。

 

「くそう、もう我慢できない!甲児くん!きみだけは(を?)死なせはしないぞ、待ってろ!!」

 

そして、見事円盤獣をやっつけて、デューク・フリードは甲児くんを悪の手から救ったのだった。

 

「大介、おまえの身体の中に真っ赤に燃える愛の炎がある限り、誰とでもつきあえる。同じ地球の仲間として

 

通じ合える、親子のようにな」と言う、何か意味深いような、よくわからないような、すごく暑苦しいような宇門先

 

生のすてきな台詞で〆の第5話でした。

 

 

 

あらすじは簡単にまとめましたが、見所はたくさんあります。

 

ただ全部ご紹介する余裕がないだけです。

 

● 円盤獣の名前=ドムドム・・・

 

● マザーバーンの映像を見て喜ぶ団兵衛さんに対して放った、宇門所長の言葉

 

「団さん、宇宙にはあんたの考えているような友好的な星ばかりではないんですよ!」

 

宇門さんの厳しい一面を見たような気がした。特に「あんたの」ってとこに。

 

● 今回、大介さんと甲児くんは直接顔を合わせるシーンはなかった。

 

● 大介さんは番太にいつものポジションを奪われていた。

 

● 番太は甲児くんを燃え盛るセスナから連れ出し、最後にミニフォーが爆発した時には甲児くんに

 

  覆いかぶさってもらって庇われていた!二人はとても仲が良かった。などなど・・・

 

しかし、大介さんの横顔って綺麗ですよねえ・・・。上手くは描けないけれど。

 

                       

                       番太に嫉妬

コメント

非公開コメント

No title

この引き分けは非常に良くできている... v-239
あなたが書かれているか教えてもらえますか?

ありがとうございます!


This draw is very well done... v-239
could you tell me what's written on?

Thank you!
プロフィール

家露伊江子

Author:家露伊江子
兜甲児様の引力から逃れられず
2008の夏コミあたりから活動を始め、
周囲を怪訝な顔にさせました。

誰も驚かなかったですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
Pika_Mouse
powered by
3ET
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。