スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13話「狙われたグレンダイザー」 ②



「大介!早く脱出しろ!」 炎に包まれたグレンダイザーを見て、博士は呼びかける。


「大介、立ち上がるんだ、一時退却しろ、大介!」


懸命な博士の言葉に応えてグレンダイザーは立ち上がった。


後ろからやって来る円盤獣にTFOがミサイルを撃ち、 グレンダイザーに消化剤をかけて火を消し止めた。


一時帰還しようとするグレンダイザーとTFOだが、円盤獣が追ってくる。


「大介さん!あとを尾けてくるぞ!」


「僕に任せろ!」


グレンダイザーのエンジン排気口あたりから紫の気体がまかれ、ブラッキーはグレンダイザーを見失った。


「グレンダイザーめ!レーザー遮断幕を張ったな」


どうせ日没になると光線が使えなくなってしまうので、ブラッキーはゲルゲルを地上に降ろし日の出まで待機させる事にした。





博士が山中に降り立つ円盤獣の姿を確認していると、大介さんと甲児くんが観測室へ戻ってきた。


甲児くん 「申し訳ありません。俺が出しゃばったばっかりに、グレンダイザーの武器回路を・・・」


博士 「どうだ、明日の朝までに修理できるか?」


大介さん 「ええ、何とか徹夜してでもやってみます」


博士、甲児くんの言葉を聞いてやって下さいよ~。いい加減腹が立つのもわかるけどさあ・・・


「せめてダブルハーケンだけで直ってくれれば、円盤獣を倒せると思います」 健気な大介さんです。


翌朝、日が昇れば円盤獣はまた暴れ出す。


緊迫した状況の中、突然投げ縄が飛んで来て、大介さんを縛り上げた。投げた人はもちろん団兵衛さん。




「なまけ者め!今すぐ牧場へ戻れェー」


怒り心頭で縄をたぐる団さんに甲児くんが、大介さんは今研究所の手伝いが忙しいから明日にしてと説明しても


団さんは聞いてくれない。


牛や馬がおびえて寝ないし、産気づいた馬もいるから大介に居て貰わないと・・・(何だかんだで大介さんを頼ってるんだね)


と言い張って、そのまま結局連れ帰ってしまう。(地球はどうなるんだ?)



大介さんが馬小屋で馬達の様子を見てやっている間に、甲児くんは博士に何事か訴えてます。


博士は 「それは危険だ、無茶だ、絶対にいかん!」 と訴えを却下。


甲児くんは円盤獣を倒すのは今夜しかないと力説。大介さんと相談してから決めようとなだめる博士の言葉を振り切って、


グレンダイザーが壊れた償いをしたいんだと言い残し走り去った。


ジープに乗り夜の山道を飛ばすと、山中の少し平らになった所に円盤獣の立つ姿が見える。


甲児くんは一旦ジープを止め、決意を固めた顔で再び円盤獣に向かって行く。




一方、大介さんは馬のお産を手伝っていた。


「大丈夫。この様子なら明け方までには生まれるでしょう」


ホッとする団さん一家。


大介さんは小屋を出て、お産が済んだら修理を急がなくては・・・と、月を見上げるのだった。(お産が終わるまで帰らないらしい)



その頃、甲児くんは持って来た高性能爆弾を仕掛けて、ゲルゲルを吹っ飛ばそうと奮闘していた。


円盤獣のツノに向け、縄のついたロケットを発射。上手く絡みついた縄を伝って、円盤獣の肩によじ登る。


そして背負った爆弾を下ろしてセットし、ゲルゲルから離れ時を待った。


「おまえはこれでスクラップだよ!」


時限装置が働き、円盤獣は爆発の赤い煙に包まれた。


「やったあ!」 しかし、喜びも束の間、煙が治まってみると円盤獣には傷の一つもなかった。


「ああ!?」 驚く甲児くんを、夜でもちっとは使えるらしい太陽光線が襲う。あわてて退散する甲児くん。



所変わって、スカルムーン。


ガンダル司令はベガ大王にグレンダイザー討伐の目処がついたと、意気揚々と報告していた。


日の出とともにゲルゲルは攻撃を開始、街を焼き払いながらグレンダイザーが姿を現せばこれを倒すという


一石二鳥のローラー作戦です、素晴らしい、と自画自賛。


すると、横からと言うか中からと言うか、レディガンダルがこれも自分の作戦です。と、主張。


ベガ大王に褒められおいしいとこだけ持って行く。


「いまいましいレディガンダルめ」 二人(?)の不仲浮き彫り。


ちょっとハラ立ち気味のガンダル司令に命じられ、ブラッキーは夜明けを前に出発する。



コメント

非公開コメント

プロフィール

家露伊江子

Author:家露伊江子
兜甲児様の引力から逃れられず
2008の夏コミあたりから活動を始め、
周囲を怪訝な顔にさせました。

誰も驚かなかったですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
Pika_Mouse
powered by
3ET
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。