スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年はGOセンセイ50周年で盛り沢山

 こんにちは!お久しぶりです。

タイトルにも書きましたが、今年は先生の漫画家生活50周年と言うことで、イベントがいっぱいありそうですね。

東京での催事にはなかなか行けないけど、映画は見れるし楽しみ!

ダイナミック作品がたくさん見れるといいなあ~と思います。


今日は久しぶりに、少しだけマンガ置いときます。

単に、1枚目の戦闘服を脱ぐ甲児くんが描きたかっただけなんだけど、マンガにするならあのお話で…ってわけで

各話解説はたしかまだ19話くらいまでしかいってないので、詳しくはその時にやるからザッとおさらい。

ネタは36話「燃える大空の誓い!」です。

どんなお話か覚えていますか~?


ジグラ 


かなり適当に描いてしまいましたが・・・

そうです、ダブルスペイザーが登場し、可愛くてカッコイイ荒木甲児くんが大活躍したその次の週のお話です。

スカルムーンにでっかい隕石が接近し、もうダメかと思われたその時、ビビるガンダル&ズリルの前に現れた親衛隊長ジグラ。

相手の弱点を瞬時に見抜く洞察力が自慢のジグラは、わずかな亀裂を利用して隕石を切り裂いてスカルムーンを救った。

打倒デューク・フリードに燃えるジグラは、グレンダイザーとスペイザーの分離または合体にかかる数秒の間にグレンダイザーがまったくの無防備な状態に陥る事に気づいていて、その弱点を突きデュークを葬るべく地球へ向かった。その頃、宇門所長も当然その件については憂慮し対策を立てていた。ダブルスペイザーとグレンダイザーをドッキングさせる事で、死の時間を解消しようというものだった。


それを聞いて張り切る甲児だったが、大介は浮かない表情。大介は自分が傷つくのは構わないが、ドッキングして戦うとなると甲児までその自分と危険な運命を共にするなんて耐えられない!と宇門所長に訴える。


「ダブルスペイザーに乗るのは甲児くんなんですか?」なんて聞いてしまう始末。


先週きっちり乗ってるし、他に誰がいるって言うんでしょうか??


それを聞いた甲児くんは「まだそんな事を言ってるのか」と怒る。


そして珍しく大介さんに説教するのだ。

「大介さん、『人』という字を知ってるか?人と言う字はは2本の棒が互いに支え合って立っている。人は自分だけでは生きてはいけないんだ。それとも、フリード星人は人ではないとでも言いたいのか」


大介さんは新聞も読んでるみたいだから、きっと漢字も知っていたのだろう、「甲児くん、ありがとう。君の言葉は決して忘れないよ」と、とても納得した様子だった。


そうして、特訓が始まった。

特訓2 
  
長時間にわたる特訓。心配する所長たち

特訓3

大丈夫ですよ!って言いながらもふらつく甲児くん。

特訓4 

 甲児くん!後ろから抱き留める大介さん。
特訓5 


このあと、大丈夫さ!と、大介さんの手に自分の手を重ねるシーンも・・・ウフフ(´∀`*)ウフフ


しかしその時警報が鳴り響き、甲児くんの休む間もなく敵がやって来た


そんなこんなで円盤獣ジラジラを駆って襲って来たコマンダージグラは手ごわかった。


大介さんはただ一機でやってきた円盤獣に悪い予感を抱きながら出撃し、案の定大苦戦する。


それを見た甲児くんは、疲れているからと所長が止めるのを押してダブルスペイザーで出て行く。


ここのセリフがまた良いんですけど、解説の時にとっときますね。


そして二人は力を合わせ、シミュレーションよりも難しい状況の中ぶっつけで見事合体に成功し敵をやっつけたのであった。






続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

家露伊江子

Author:家露伊江子
兜甲児様の引力から逃れられず
2008の夏コミあたりから活動を始め、
周囲を怪訝な顔にさせました。

誰も驚かなかったですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
Pika_Mouse
powered by
3ET
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。