スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鉄腕アトムからマジンガーZへ」

先月のことになりますが、兵庫県宝塚市立手塚治虫記念館で開催された企画展「鉄腕アトムからマジンガーZへ」


に行って参りました。


昨年、鉄腕アトムが連載開始から60周年、マジンガーZは放映開始から40周年を迎えたのを記念しての


企画だそうです。


手塚治虫記念館には、一度行ってみたかったのでちょうど良い機会だと思って、訪れることに決めました。


展覧会そのものは昨年の10月から始まっていましたが、なかなか時間が取れず、最終週の日曜日に


やっと行けました。




手塚治虫記念館 外観2 



日曜だから子供連れの家族がいたら、走り回ったりうるさかったりするとゆっくり見れなくて嫌だなーと思ったので


朝早く出て、開館と同時くらいに入るつもりだったのですが、早起きする根性がなくて着いた頃には昼だった~。 



大きな火の鳥がお出迎えしてくれました!感激ー。


もっとお天気が良くて青空だったら、写真も映えたんだろうけど、典型的冬の寒空だったのが残念。


建物の大きさは、ぱっと見はわりと小ぢんまりした印象ですが、実は地下もあってなかなか広いし、外観も面白いです。


手塚治虫記念館 サファイヤ 


サファイア~!!


こんなレリーフがいっぱいあります。






こちらが企画展のポスター



手塚治虫記念館 ポスター 




こうして写真を撮ってる間にも、意外とたくさんの人が館内へと入って行きます。


小さなお子さん連れの家族、若いカップルから年配の方も・・・。


記念館の中がどんな風なのかは、HPをご覧頂いた方がわかりやすいかと思いますが、


1階の常設展は、展示方法がとても凝っていて楽しいし、何より手塚先生の小学生時代の昆虫の絵とかがすご過ぎて


もうびっくりです。


設置されたテレビモニターで、多くのそうそうたる漫画家の先生方が、手塚先生について語っておられるインタビューが流れ


ててそれもついつい全部見てしまいました。


ちゃんとしたミニシアターまであって、三本の20分くらいのオリジナルアニメーションを数か月ごとに替えて


上映しています。




そんなに積極的に見たかったわけじゃないんですが、まあ、せっかく来たから・・・と、取りあえず席について見せてもらったん


ですけれど・・・、あまりの素晴らしさに絶句しました。


けっこう前に作られたものでしょう、当然ながらいまどきのアニメみたいな萌えもCGもいっさいありません。


セリフすらほとんどなし。だけど、すごーく良かった・・・・。



自分の原点を見つけたような感動を覚えました。



小さい子たちが食い入るように見て、まったく騒がなかったのも、このアニメの力を表してるなあと思いました。



制作クレジットには息子さんの手塚真さんはじめ、杉野昭夫さんや冨田勲さん、りんたろうさんなどのお名前が・・・!


私は見落としてしまったけれど、連れによると荒木さんのお名前もあったとか。



ここに来られることがあったなら、オリジナルアニメは見ないと絶対損ですよ!!と声を大にして言いたいです。




企画展は2階なんですが、そこへ辿り着くまでに相当時間を費やしております。



手塚治虫記念館 写真 



いえーい!アトムや甲児くんと一緒に記念撮影よー!!ジュンになってみました。



2階の展示室ではマジンガーZとアトムのオープニングアニメが流れ、巨大パネルの横には豪ちゃんのサインが。


漫画の原画、旧作も新作もいっぱい見れました。


マジンガー三部作ってことで、グレート・マジンガー、グレンダイザーもちゃんと紹介されてました。


鉄也さんと大介さんもいたよ。


海外の方がたくさんいらして、熱心に見学されてたのも嬉しかったですね。




企画展のほかにも手塚先生の漫画が読み放題のコーナー、アニメ作り体験、カフェ、オリジナルグッズお土産コーナーと


ずーっといたくなるような場所でした。


次は朝から閉館まで漫画を読んでいたいです。^-^


豪ちゃんも、手塚先生のファンだったんですね。



豪ちゃんには、ずっと元気で素晴らしい作品を、これからもなが~く描き続けて頂きたいです。





リボンの騎士を見たくなって、DVDを出してきて見たのですが、その翌日に納谷悟朗さんがお亡くなりになってしまいました。


大変残念です。


私にとって、最初の納谷悟朗さん体験は、リボンの騎士のナイロン卿だったと思います。



ほんとに多彩な役柄をこなされていたのだなあと、今更ながら気がつきました。




フランツ・チャーミング王子風大介さん。


新しいPC買ったら、ペイントソフトやペンタブレットがOSと対応してなくて、まともに動きませんでしたので、


これまで使っていたペンタブをあきらめて、もっと小さくてグレードの落ちる機種を一時避難的に買いました。


しかし、まだ環境に慣れてなくて思うようにはいきません。


早く問題解決にならないかなぁー・・・ムリやなぁ・・・すぐには・・・・・・。



デューク2











スポンサーサイト
プロフィール

家露伊江子

Author:家露伊江子
兜甲児様の引力から逃れられず
2008の夏コミあたりから活動を始め、
周囲を怪訝な顔にさせました。

誰も驚かなかったですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
Pika_Mouse
powered by
3ET
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。